技能員ランクと採点基準

職人マイスター制度の試験は「防水」「塗装」「床シート」「シール」「下地補修」の5工種から、受験したい工種を選ぶことができます。 各工種はそれぞれブロンズ、シルバー、ゴールドの3段階で評価します。各工種の採点基準は以下のようになります。
また、3工種以上の優良職人認定を受けている職人は多能工と認定されます(認定種別は不問)。
*審査員がチェックシートを用いて判定。検査基準は非公開となります。

ブロンズ

マンション大規模修繕工事に3年以上従事している。
高度な技能と見識を有し、ルールとマナーを持って、安定した業務を遂行する事ができる。 実作業として高品質と量を両立し、充分にこなす事ができる。 優良品質工事の即戦力となる事ができる。

《 講 習 》座学と実技:各45分~1時間程度(工種により時間は変わります)
《筆記試験》客観式・記述式併用。45分~1時間程度
《実技試験》検定用課題への施工、減点方式。45分~2時間程度(延長時間あり)
2017 年・2018年合格率:36.1%

シルバー

マンション大規模修繕工事に、概ね6年(相当)以上従事している。
より高度な技能と見識を有し、発注側の意図を把握し、見合った技能提案ができる。 実作業として高品質と量を両立し、スピーディーに進める事ができる。 優良品質工事のチームの手本になる事ができる。

《 講 習 》座学と実技:各45分~1時間程度(工種により時間は変わります)
《筆記試験》客観式・記述式併用。45分~1時間程度
《実技講習》検定用課題への施工、減点方式。45分~2時間程度(延長時間あり)
2017 年・2018年合格率:21.4%

ゴールド

マンション大規模修繕工事に、概ね10年(相当)以上従事している。
より高度な技能と広い見識を併せ持ち、発注側の意図を把握し、見合った技能提案ができる。 新しい材料・施工技術にも積極的に取り組む事ができる。 実作業として最高品質と量を両立し、スピーディーに進める事ができる。 優良品質工事のチームリーダーになる事ができる。

《 講 習 》座学と実技:各45分~1時間程度(工種により時間は変わります)
《筆記試験》客観式・記述式併用。45分~1時間程度
《実技試験》検定用課題への施工、減点方式。45分~2時間程度(延長時間あり)
2017 年・2018年合格率:7.5%

プラチナ

ゴールド認定者の自己申請により、RAS検査員が現場仕上がりを確認した技能員。
または、検定員資格者2名以上からの推薦があり、RAS検査員が現場仕上がりを確認した技能員。

《技能検定員・指導員》
プラチナ認定者は、将来のスキル展望として検定員・指導員職務の選択肢を大きく拡げることができます(RASは面談の上、検定員・指導員を依頼しています)。 現場以外の安定職業としてはもとより、検定員・指導員として後輩の指導・技能の伝承のために、熟達した経験と見識を十分に発揮できる、社会的にも大変意義のある職務です。

採点基準

工種 ランク 筆記試験 実地試験
防水 ブロンズ 70点以上正解 60点以上正解
シルバー 80点以上正解 80点以上正解
ゴールド 90%以上正解 90点以上正解
プラチナ ゴールド取得+α規定ゴールド取得+α規定

*筆記と実地の点数でランクの差異がある場合は低いランクでの合格となります。
ただしランクアップの再試験(単願)の際には、高ランクの成績は維持されます。